即日キャッシングしたい人が知っておきたい事

即日キャッシング

キャッシングの金利

キャッシングの金利は、ほかの借り入れ商品と比べると割高感があります。
同じ金融機関からラインナップされている借り入れ商品を比べてみても、住宅ローンや自動車ローンなどはかなりの低金利で借りられるのに、キャッシングとなると実質金利が18%程度ぐらいになってしまう借入商品が多いのではないでしょうか。
その理由は、担保があるかどうかによって異なるという点と、使用目的がはっきりしていないために借りすぎてしまうリスクがある点があげられます。

住宅ローンや自動車ローンは、借りる際に購入する住宅とか自動車が担保になります。
金融機関側にとっては、万が一貸したお金を回収できない場合でも、最終的に担保を回収すればよいわけなので、低金利で貸してくれるわけです。
しかしキャッシングの場合には、そうした担保がありませんから、借りる側の信用で貸すことになります。
金融機関にとっては、貸したお金が返ってこなかった時のことを考え、どうしても金利が高めになってしまうわけですね。

カードローン・キャッシングの情報サイト また、使用目的がはっきりしていないことも、キャッシングの金利が割高になってしまう理由と言えます。
医療ローンとか教育ローンなどは、まとまった金額を借りる場合でも、何に使うのかがあらかじめはっきりしていますし、借りる時には見積もりが必要になったりして、少し多めに借りようかなということはできません。
しかしキャッシングの場合には、使用目的が制限されていないので、生活費の不足分に使ってもOKですし、恋人とのデート代にしてもOK。自由に使えるという点で利用者が借りすぎてしまうことは他の借入商品と比べると多い傾向があるため、金融機関にとってはリスクヘッジとして金利が高くなってしまうのです。

しかし最近では、銀行からラインナップされているキャッシングだと低金利で借りられる商品が増えています。
普段、家賃の引き落としに使っている銀行とか、お給料の振込口座にしている銀行などから出されているキャッシング商品だと、口座を持っていてすでに取引があるお客様ということで、金利がディスカウントされることは多いようです。